あえて相場を予想してみる

今日はあえて相場を予想します。

予想に基づいた投資はしないというのが世の中の風潮です。ですがあえて予想を立てて、自身がどんなバイアスを持っているかを明らかにすることも大事かと思います。

というわけで、予想しましょう。


今回北朝鮮問題で相場が揺れました。
揺れることを物理的に捉えれば、物事にエネルギーが与えられた結果という側面がありますが、一方で、偏ったものを平らにする、ということもできます。
割高、割安というものがあれば、それが正されるきっかけになります。今回のミサイル問題は、です。
投資をする時は時価総額が大きく値が動きにくい大型株より値動きがおおきい中小型株が好まれます。ですので、揺れると中小型株は下げる一方で、大型株が上昇します。
ですので出遅れているトヨタ三菱UFJなんかの時価総額がデカすぎる株は相対的に上がり、時価総額が小さくて今まで散々値上がりしてきた小型株が(あまりフォローしていないので銘柄が挙げられませんが)下げ始める、調整を始める。

これが今回の予想です。しばらくトヨタUFJは下げたくてもどんどんお金が入ってきてしまう。
とはいえこれらはあまりに時価総額が大きいので上げ幅が控えめなのですがね。ですが確実に取れる。というわけでUFJ1000株追加でエントリーです。トヨタは最近売り抜けてしまったので再エントリーはくやしいんでやめます。

また、身を滅ぼしますね。このやり方やっていたら。
バイアスを明らかにしたまではよかったのに。。。


ちなみにこの予想とは反しますが、壱番屋吹きますよ。全力買いしたい。と昨日寝る前に思って買うの忘れてたので来週買います。